国際実存療法士 Registered International Logotherapist

 

国際実存療法士 資格更新制 細則

 

第1条              日本実存療法学会は国際実存療法士(Registered International LogotherapistRIL)のレベル保持のため、次の方式により認定更新制を施行する。


第2条              日本実存療法学会の認定を受けた国際実存療法士(RIL)は、認定を受けてから5年を経た時に、認定更新の審査を受けなければ、引き続いて日本実存療法学会およびビクトール・フランクル研究所(ウイーン)認定国際実存療法士(RIL)を呼称することはできない。


第3条              認定更新は、認定委員会が行う。認定委員会委員は理事長が委嘱する。


第4条              認定更新は、毎年1回、学会ホームページ(http://www.compmed.jp)に公告して行う。この公告には、その年度に更新の審査を受けるべき該当者、ならびに認定更新申請に必要な提出書類や申請期日を記載する。


第5条              公告の記載事項に該当する国際実存療法士(RIL)は、公告に従い、所定の書類を添付して認定更新の申請をしなければ、認定の更新を受けることはできない。認定更新は、認定を受けてから5年間に認定医制度審議会が指定した教育企画等に参加し、所定研修単位を取得した者について行う。


第6条              認定更新に必要な研修単位取得の対象となる企画とその参加単位数は、下記により計算する。

認定の更新に必要な5年間の研修ポイントは50点とし、点数配分は下記のとおりとする。なお、更新制度発足年(2014年)以降の実績を対象とする。

また、50点のうち、学術大会および認定講習会(各1回以上)とワークショップ(2回以上)の参加を必須とする。

 

  本学会学術大会参加・・・・・・・・・・・・・・・10

  本学会主催の認定講習会参加 ・・・・・・・・・・・5

  本学会主催のワークショップ参加 ・・・・・・・・・5

  本学会学術発表 ・・・・・・・・first author 5点、 2

  本学会誌論文掲載・・・・・・・ first author 5点、 2

  本学会の指定する他の学会・研究会参加 ・・・・・・5

  本学会以外の出版物に実存療法関係の論文を発表・・ 2

                   (first author のみ)

 

第7条              特別措置 特別な事情(留学・病気療養等)により更新が出来なかったものに対しては、その事情を記した書類を提出し、更新(期間延長等)について審議する。

第8条   認定更新の事務は、日本実存療法学会事務局において行う。

 

付則

認定更新料は30,000円+消費税と定める。

 

本細則は平成26118日から施行される。

 

 

更新手続きについて

 資格認定期間は5年間です。5年毎に更新手続きが必要です。

 ※認定証に記載された認定期間をご確認ください。

 

更新手続き期間

  認定期間満了日の半年前から1ヵ月前までが更新手続き期間です。

  更新申請までに、更新制細則に従って更新認定単位を取得してください。

  

  ②書類審査 

  更新申請に当たって、下記をご提出ください。

  1. 資格更新申請書(様式ー更1)
  2. 履歴書(様式ー更2)
  3. 医療職免許証の写し、または、医療職以外は職務内容についての記述
  4. 取得ポイント一覧表(様式ー更3)
  5. ポイント該当参加証(原本)、論文(写し可)
  6. 更新手数料  

[更新手数料

 ◎更新登録料 30,000円+消費税(書類審査に合格した後ご入金ください)

 

  

③登録手続き

 ・書類審査に通った方は、更新登録料をご入金ください。

 ・登録期間が更新された資格認定証(英文と和文)が発行されます。