国際全人医療学会 会則

国際全人医療学会会則

 

 

第1章    総   則 

 

(名称)

第1条:本会は国際全人医療学会(International Society of Comprehensive Medicine)と称する.本学会は、公益財団法人 国際全人医療研究所 に属する.

 

(事務局)

第2条:本会は〒101-0052東京都千代田区神田小川町1-7-901 公益財団法人国際全人医療研究所内に置く.

     事務処理のため,事務職員を置くことができる.

 

第2章    目 的 お よ び 事 業 

 

(目的)

第3条:全人的医療とは,健康創成や医療の実践において、患者を絶えず「病める人」と見て、全人的にアプローチする医療を言う.この医療は、人間を包括的にとらえる医療である.すなわち、Day SB, Frankl EV, Ikemi Y, Nagata Kらにより、構築された全人的医療モデル、すなわち、身体・心理・社会・実存的モデルをその旨とする.また、その実践のためには、現代医学、心身医学、東洋医学、相補代替医療など、方法論の異った医学方法論の相互主体的な導入が必至である(統合医療).さらに、治療者—患者関係、医師の治療的自我(therapeutic self)の育成、患者の正しい情報リテラシーなども関与する.より効率的で、cost-performanceの高い医療の構築を目差す.患者の病気からの回帰、健康創成、自己実現、QOLの改善を目差し、地球市民に貢献する.こうした全人的医療の実践のための研究、臨床、教育、普及を国際的、学際的に展開するのを本会の目的とする.その成果は,医療における人間性の回復に役立て,人類を疾病から開放し,市民個々の積極的な全人的健康創りに貢献することに用いなくてはならない.

 

(事業)

第4条:本会は前条の目的を達成するために,次の事業を行う.

    1.学術大会の開催

    2.学会誌,定期刊行物などの発行,出版

    3.教育・啓蒙のための講演会・ワークショップなどの開催

    4.その他本会の目的を達成するために必要な事業

 

第3章    会  計 

 

(収入)

第5条:本会の収入は次のとおりとする.

    1.会員の納付する会費

    2.寄付金および補助金

    3.事業に伴う収入

    4.その他の収入

 

(費用支弁)

第6条:本会の事業遂行に要する費用は前条の収入をもって支弁する.

 

(事業年度)

第7条:本会の事業年度は,毎年41日より始まり,翌年331日に終わる.

 

第4章     役   員 

 

(役員)

第8条:本学会には以下の役員を置く.

    1.運営委員長(学会理事長) 1

    2.運営委員(学会理事)  若干名

    3.学会顧問  若干名


 

 

(役員の選任および職務,任期)

第9条:役員の選任,権限,任期について,次のように規定する.

1.運営委員長(学会理事長)は本会を代表し,会務を総括する.運営委員長は運営委員会にて選任する.任期は3年とし,再任を妨げない.

2.運営委員会(学会理事会)は本会の運営を行う.運営委員は運営委員会からの推薦により候補をあげ,運営委員会にて決定する.任期は3年とし,再任を妨げない.

3.顧問は本会の発展に大きく貢献したものに対し,運営委員からの推薦により,選出される.顧問は運営委員会に参加でき,意見を述べることはできるが,票決には参加できない.顧問は年会費を免除される.

 

第5章     会   議 

 

(運営委員会および定足数)

第10条:運営委員会および定足数について次のように規定する.

    1.運営委員会は運営委員長が招集し,運営委員長が議長となる.

    2.運営委員会は定数の1/3以上の出席により成立し,過半数以上の賛同により,決定される.同数のときは議長の決するところによる.ただし,欠席者は出席する運営委員に書面にて委任し,票決に参加することができる.

 

第6章     会 則 の 変 更 な ら び に 解 散 決 議 

 

(会則の変更ならびに解散決議)

第11条:本会則の変更ならびに解散決議は運営委員会の議決により行う.

 

第7章     会 員 お よ び 会 費 

 

(入会)

第12条:運営委員長に対し文書により入会の意思を表明したものは運営委員会の承認を得て会員となる.

 

(会員の資格区分)

第13条:会員は、公益財団法人 国際全人医療研究所に属す.その規定にしたがう.

 

(会費)

第14条:会員は年会費を納付しなければならない.公益財団法人 国際全人医療研究所の会費規定に従う.

     

附則1:本会則は本会理事会の承認を得て、1993520日より施行する.

附則2:会則改定 201541日.