日本疼痛心身医学会 会則

 

日本疼痛心身医学会会則

 

(目的)

  第1条     本会則は、公益財団法人国際全人医療研究所(以下、「この法人」という。)が運営する日本疼痛心身医学会の任務、構成その他必要な事項を定めることを目的とする。

 

(名称)

第2条          本学会は「日本疼痛心身医学会」(以下、本会と略す)と称し、英語名をJapanese Psychosomatic Society for the Study of Painとする。

 

(学会の主旨)

第3条          本学会は、疼痛に対し心身両面からの集学的治療を進めるため、基礎的及び臨床的な知識、技術、態度に関する研究を行い、その成果を患者、市民に還元していくことを目的とする。

 

(活動)

第4条          本学会は学術集会を年1回以上開催し、その他、本会の目的達成のために必要な活動を行う。

 

 (委員)

第5条          本学会の円滑な活動の遂行を図るため、下記の委員を置く。

(1)    運営委員長1名

(2)    運営委員 若干名

(3)    顧問  若干名

 

(委員の選任及び任期)

第6条          委員の選任及び任期について、次のように規定する。

(1)       運営委員長は運営委員会の決議に基づき、この法人の代表理事が委嘱する。任期は2年とし、再任を妨げない。

(2)       運営委員は運営委員会からの推薦により候補をあげ、この法人の理事会にて決定する。任期は2年とし再任を妨げない。

(3)       顧問は本会の発展に大きく貢献した者に対し、理事からの推薦により、選出される。顧問は運営委員会に参加でき、意見を述べることはできるが、票決には参加できない。

 

(会則変更)

第7条          本会則の変更並びに解散決議はこの法人の理事会の決議により行う。

 

 

(附則)

本会則は,201541日より施行する.